お知らせ

 

よろづや特製「昔ながらの味噌ぽてと」とは

秩父のB級グルメとして知られるようになったみそポテトは、ふかしたジャガイモを串揚げしたものに特製の甘みそをつけたものです。当店の「昔ながらの味噌ぽてと」は、他店の素揚げしたじゃがいもに味噌をつけたみそポテトではなく、元祖の製法を守り、フライ揚げにしたじゃがいもに秘伝の「特製味噌」を使った味噌ぽてとに仕上げています。もちろん、油にもひと工夫しているので、旨みが増しています。

当店の味噌ぽてとの歴史

 戦後間もないころ、美食家だった亡き母がみそおでんの行商している人から、田楽味噌の作り方を教わり自分に合うよう改良したところ、とてもおいしい味噌ができあがりました。その特製味噌をいろいろな食材につけて食べているうちに、じゃがいもととてもよく合うのに気がつきました。

 そして、東京オリンピックの頃、それまでの食料品店をスーパー形式に店変えして揚物も販売するようにしました、その時に、その「味噌ぽてと」の販売を始めました。ちなみに、当時はただ「ポテト」と呼んでいました。ほかにみそポテトというものがなかったからです。大変おいしいので当店の名物となり、時代の流れとともに秩父地域の他店で、じゃがいも串を素揚げして味噌を付けたみそぽてとが販売されるようになりました。そしてB級グルメグランプリで優勝したことで一気に知名度があがり、現在に至ります。当店は、昔ながらの製法を守り、皆野町で製造販売を続けています。今でも、地元を離れた人が帰省されたときに、家に帰ってきたらやっぱりよろつずやのポテトだねと買い求めにきて頂いいるのが何よりも嬉しいことです。

みそポテトフライへのこだわり

 ジャガイモは基本的には北海道産の男爵芋です、いろいろなじゃがいもを試してみましたが、この芋が一番おいしいです。ただ6月から8月頃は品物がなくなるため、できるだけ同じようなじゃがいもを探して作っています。味噌だれは母から伝えられた製法で作っています。この秘伝の味噌だれが当店の命です。

当店の注目商品

 昔ながらの味噌ぽてとを作るため毎朝じゃがいもを蒸かします。そのじゃがいもから作る、ポテトサラダやコロッケは、これも昔ながらの味でとても美味しいと評判いただいています。また、当店の惣菜は全て手作りです。特に人気商品は、揚物では若鶏から揚げ、メンチ、ハムカツがお客様に高い評価をいただいています。

PC190016.JPG PC190017_15k.JPG

 また、お寿司、特にいなり寿し、惣菜ものでは、煮しめはもちろん、結び昆布煮、大豆煮、大根切干煮、そのほか色々田舎の手作り料理ですが、これまた昔ながらの作り方でやっております。

営業時間

 平日   朝7時30分より夜8時まで
 日曜休日 朝7時30分より夜7時まで

 揚物、惣菜は手作り商品なので一部を除き夜7時30分よりタイムサービスとして半額にしています。

通販商品と価格

 みそポテト5本入り1P600円 みそたれ付
 揚げてないもの(冷凍)5本1P500円 みそたれ付 バラ5本分 500円 みそたれ付
 別途 運賃、クール宅急便代がかかります。そのほかの商品については現在テスト中です。

ご注文は 電話 0494−62−0022 まで

 B級グルメで紹介されたときは、みそポテトと聞いたらやっぱりここだねと言ってくださるお客さんが数多くおられました。そんな中、お客さんの中には、今は土地を離れて住んでいる子供に送るのだと言われてお買い求めくださる方々がおられました。そこで、当店から安心して送れないか、一日置いても品質は大丈夫なのだろうか、美味しい味そのままに召し上がっていただくためには、などと考えていくうちに真空パックにしたところ大丈夫なことがわかりました。そして翌日配送ができる所なら送ることができる直送サービスを始めました。

P1090011.JPG

P1090004.JPG

店舗名
ヤマザキショップ よろづや
運営責任者
浅賀 産次
店舗住所
〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野2335-1
電話
0494-62-0022
FAX
0494-62-6233
メール
営業時間
朝7時より夜9時まで 日曜祭日夜7時まで
定休日
不定休
駐車場
あり 10台可